La Vacanza Italiana

現地コーディネーターがご案内!
イタリア・シチリアの旅と暮らしの情報サイト

ミシュラン星付きシェフのシチリア料理レシピ

Vol.8 スイカのゼリー Gelo di Melone

パレルモの夏の定番菓子!ブルブル・スイカゼリー

パレルモの名店・ミシュラン一つ星「バイバイブルース」蔵出しレシピ、今回はドルチェです!

シチリアの伝統菓子といえば、カンノーロやカッサータ・シチリアーナがありますが、季節限定のお菓子もあります。
今回は、パレルモの夏の定番菓子”ジェーロ・ディ・メローネ Gelo di Melone”をご紹介!赤いのは…なぜ?メロンなのに?

それは、メローネとはメロンではなく、シチリア語で”スイカ”のことだから。
ちなみに、パレルモ弁は「Melloneメッローネ」とちょっと粘っこく発音します。
一般的なイタリア語では、スイカはAngriaアングイリア。
「Gelo di Angria ジェーロ・ディ・アングリア」とも呼ばれます。

またジェーロは、ゼリーのことですが、ゼラチンではなく”でんぷん”を使い、繊細なプルプルというより、
肉厚でブルブルな感じに仕上がるのが、いかにもパレルモっぽいw。

材料はとてもシンプル。さっぱり爽やか、肉厚セクシーなパレルモ夏の味をどうぞ!

※写真はすべてYUKIさん撮影。本場のキッチンの様子もお楽しみください!

スイカのゼリー Gelo di Melone

【材料】4人分

スイカの絞り汁   1リットル
お砂糖     50〜80 g(お好みで調整)
小麦のデンプン 70g
※コーンスターチか片栗粉で代用可能
塩         少々
チョコチップ  適宜
(↑スイカの種をイメージ♪)
ピスタチオ   適宜

「シチリアのスイカはでかーいあまーい♪」

【作り方】

① スイカを撹拌し、漉しておく。
※1リットルは、だいたいこれくらい。作る数によって量は調整してください。

② 鍋に①と砂糖、小麦のデンプンと塩入れ、火にかけ混ぜながら溶かす。

③ 火にかけたまま、よく混ぜながら熱する。でんぷんが溶けるとこんな色に。

④  全体にトロミが出るまで、よく混ぜながら熱する。

③ バットに漉して流し、冷やす。冷えて固まったらグラスに盛って、チョコチップとピスタチオを飾る。
※ご家庭では、器に入れて粗熱が取れたら冷蔵庫へ。でもOK。
今回のお手伝いは、せいもり君。YUKIさんの右腕として頑張ってます!

ユキさんのお店Byebyebluesでは、こんな風にデコレートされて登場します。さすがですね❤️!
Cagliata al gelsomino su gelo di anguria e meringhe di cannella
ジャスミンのカリアータを乗せたスイカのゼリー、シナモンのメレンゲを乗せて。

”カリアータ”は、酵素を加えて凝固させたもの。豆腐のような感じです。
また、ジャスミンとシナモンは、パレルモのドルチェによく使われる素材。
パレルモで食べるジェラートにも、”ジャスミン&シナモン”フレーバーがあります。

無添加無着色のシンプルな夏のお菓子で、夏バテにもピッタリ。
ぜひ、お試しください!

 

 

 

Return Top