ミシュラン星付きシェフのシチリア料理レシピ

Vol.2 ブロッコリ―のパスタ Pasta con i broccoli

パレルモの秋冬の定番ブロッコリーのパスタ

松の実と干しブドウ、パレルモ料理に欠かせない具材も入ったホッコリパスタ♪この時期から市場にも大量に出回るブロッコリーをたっぷり使ったパスタレシピのご紹介です!

ところで、ブロッコリーと言えば”緑のモサモサしたヤツ”を思い浮かべますが…。

パレルモでブロッコリーと言えば、これ!!
「うふ♡」 うっすら緑がかったカリフラワー!なのに、ブロッコリーとはこれいかに?

一方、緑のモサモサの方は、と言えば、「スパラチェッリ Sparacelli」と呼びます。混乱します。

ちなみに、ブロッコリー(日本的にはカリフラワー)をパレルモ方言では「vruocculi ヴルゥオックゥリ」と発音しますよ。上の写真の市場のおじさんみたいな顔して発音するのがコツ。ウーを強調します。

パレルモの家庭でも定番料理だけに、レシピは千差万別。基本にしたいBye bye blues のレシピをご紹介します!

※写真はすべてYUKIさん撮影です!本場のキッチンの雰囲気をどうぞ~。

ブロッコリーのパスタ Pasta con i broccoli
by Bye bye blues

【材料】 (4人分)

ブカティーニ 400g
ブロッコリー(カリフラワー) 400g
飴色に炒めた玉ねぎ 25g
松の実         12g
干しブドウ    10g
サフラン      2g
アンチョビ      5g
トマトピューレ 18g
EXVオリーブオイル、塩・コショウ 適量
ローストしたパン粉 お好み量

POINT: 「パスタの種類は、パレルモではブカティーニが定番ですよ!」

【作り方】 

① 玉ねぎを飴色に炒め、松の実をローストしておく。

② 鍋に湯を沸かし、塩を加えてカリフラワーを茹でる(1リットルの水に30gの塩)。

③フライパンにオリーブオイル、①の飴色玉ネギと松の実ロースト、②のカリフラワーと茹で汁(少々)、アンチョビ、トマトピューレを入れ、5~10分ほど弱火で炒める。

④同時に、②の茹で汁でパスタをアルデンテに茹でる。

⑤ 茹であがったパスタと③を熱々のうちに和えてお皿に盛り、ローストしたパン粉を降って、出来上がリ!

YUKIさん「Bye bye bluesっぽく盛り付けるとこんな感じです♪」
さすが、お洒落(≧∇≦)!真似したい!

 

本日のジョルディ君

朝、ラグに足をとられてつまづいたジョルディ君。
めくれたらラグを整えてるところですwww。

URL
TBURL
Return Top