ミシュラン星付きシェフのシチリア料理レシピ

Vol.12 シチリアのクリスマス菓子ブッチェッラート Buccellato

パレルモで…伝統クリスマス・ドルチェといえば、
やっぱりブッチェッラート!!

パレルモの名店・ミシュラン一つ星「バイバイブルース」蔵出しレシピ
今回はクリスマスに作りたい!パレルモ伝統のクリスマスケーキ、
「ブッチェッラート Buccellato」のレシピです!
やった!
イタリアのクリスマスケーキといえば、
パンドーロやパネットーネが有名ですよね!
日本でもすっかり知られるようになりました。

シチリアでも、もちろん、この2大スターは食べますが、
パレルモなら、ブッチェッラートも外せません!

シチリアの名産品をぎっしり詰めたブッチェッラート。
詳細は、こちらの記事をご参照ください。
シチリアのクリスマス菓子「ブッチェッラーティ」とは

さてさて、今回ご紹介するレシピは前回に引き続き、
オーナーシェフ・パトリツィアさんがマンマから受け継いだ、
伝統のレシピ。

パトリツィアさんとYUKIさんがご紹介してくださいます!

※写真はすべてYUKIさん撮影。
本場のキッチンの様子もお楽しみください!

ブッチェッラート Buccellato


【材料】シチリア人家族4人分(日本人なら8人分?)

<生地>
小麦粉 500g
ラード 150g
砂糖  100g
塩    10g
卵黄   1個
水   100cc <詰め物>
レーズン 100g

乾燥イチジク 100g
ローストアーモンド100g
ピスタチオ  50g
クルミ         50g
オレンジジャム   30g
はちみつ   20g
ラム酒         10g
塩                少々
バイバイブルースのエントランス前にて。
ポカポカ陽気のシチリアの太陽が眩しいですね。
<色付け>
卵黄/生クリーム<デコレーション>
オレンジジャム
ピスタチオ
乾燥ラズベリー

【作り方】
1.  前日の夜に、乾燥イチジクとレーズンを水で戻しておく。
2. 常温に戻したラードに砂糖を加え、ポマード状になったら、小麦粉・ 塩・ 卵黄・水を加えてそぼろ状にする。

パトリツィアさんのポイント
練りすぎないのが、コツですよ〜!サクサクホロホロした感じに仕上がります。

3.  2.を手でまとめて一晩休ませる。

4. 詰め物の材料を全部フードカッターに入れて混ぜ、ラップを使って棒状にしておく。

5. 3.の生地を綿棒で、4.を包み込める面積になるよう5ミリの厚さに伸ばす。

6.   5.で伸ばした生地に、4.の”詰め物の棒”を包み込む。

7.   6.を円型に成形する。
8.   専用の道具もしくはフォークで、飾りをつける。
フォークでも代用できます。ツンツンつまむ感じで。
パトリツィアさんのご主人トニーノさんも一緒に、ツンツン♪
一人でも夫婦仲良くでも、ツンツンしていくとこんな風になってきます。
内側までツンツンしたら、次の工程に進みますよ!
美しい?!面白い?!

9.   卵黄と生クリームを混ぜた液体を塗り、180度で45分焼く。

10.  焼きあがったらオレンジジャムを塗り…、

ピスタチオと乾燥ラズベリーをパラパラと飾って出来上がり!!
飾り方はいろいろ。自由に楽しんでください。

早速切ってみましょう〜。
乾燥イチジクやナッツ類がぎっしり詰まったブッチェッラート❤️。
パクッ!仲良しですね・笑。

「生地にアンモニアや砂糖を多めに入れると日持ちしますが、
このレシピで作る無添加ブッチェッラートは、
1週間以内には食べきってください(^^)/!」

だそうです!

この週末に、作ってみてはいかがですか?
シットリサクサク…シチリアの陽気なクリスマスドルチェでした♪
ではでは、どうぞ素敵なクリスマスを!
Auguri di Buon Natale!


本日のJJ(ジェイジェイ)君

バイバイブルースの看板ワンコ、YUKIさんの愛犬ジェイジェイ君。

クリスマスツリーは飾りましたか〜?
お手伝いしましょうか〜?

「Avete fatto l’albero di Natale?
Vi aiuto?」

URL
TBURL
Return Top