Vol.6 イワシのブカティーニ Bucatini con sarde

03/25/2017

パレルモを代表する郷土パスタ決定版!”イワシのパスタ”

イタリア最南端のシチリア島。島全体がひとつの州であるシチリア州の州都パレルモのパスタと言えば…?

まず筆頭に名前があがるのが、このパスタ!

「イワシのパスタ(パスタ・コン・サルデ)」でしょう!

基本のソースの材料は、新鮮なイワシ野生のフェンネル松の実とパッソリーナ、そしてサフラン。香ばしく、ほんのり甘みと酸味を加えて味わい深~く仕上げます。

歯ごたえの残るブカティーニに絡めたその味は…ちょっとエスニックで複雑でパワフル。まさに地中海のカオスの都・パレルモそのものを表現しているようです。

…あら?YUKIさんのお隣にいる女性は?どなたでしょう?

YUKIさんのシチリア料理のマエストロBye Bye Bluesオーナーシェフ・パトリッツィアさん♡。

YUKIさん
パレルモでは、穴あき太目のブカティーニを合わせるのが定番ですよ。パレルモ人にとっても大事なパスタ料理。各家庭にそれぞれのレシピがあります。今回は、パトリッツィアさんが代々受け継ぐレシピをご紹介しますよ!

※写真はすべてYUKIさん撮影。本場のキッチンの様子もお楽しみください♪

 



ブカティーニ・コン・サルデ
Bucatini con sarde by Bye bye blues

 

材料

ブカティーニ  400g
イワシ 300g
野生のフェンネル 120g
松の実 30g
干しブドウ 30g
玉ネギ 60g
サフラン 適宜
塩・コショウ 少々
エクストラヴァージンオリーブオイル
適宜仕上げ用:パン粉のロースト 適宜

 

1.  イワシ 、野生のフェンネルの下処理をしておく。玉ねぎはみじん切りにして飴色に炒めておく。

2.  野生のフェンネルの葉を湯がき、みじん切りにする。

YUKIさん
湯がいたお湯はとっておきますよ!

3.  フライパンにオリーブオイルをしきイワシを炒める。

4.   3.  に松の実、干しぶどう、飴色玉ねぎ、サフラン、2.  で作った野生のフェンネルの葉のみじん切り、湯がいたお湯を加える。

 

5.  ブカティーニを2.  の野生のフェンネルの葉を湯がいたお湯でアルデンテに茹でる。

6.   4.  を↓(写真右)のようなソース状になるまで火にかけておく。

7.   ブカティーニと6.  を合わせて塩、コショウ、オリーブオイルで味を整える。

8.   お皿に盛る。

 

パン粉のローストを加えて、出来上がり♪

パスタの仕上げにチーズではなく、”パン粉のロースト”を振りかけのが、まったくもってパレルモ流です!

Mamma mia! 炭水化物ON炭水化物?!

…糖質制限している方にはちょっぴりハードな仕上げ感ではありますが~モチモチのパスタにしっとりソース、そこにサックサクのパン粉ローストが口の中で融合したときの食感は、「ああ、もう3キロくらい増えたって人生に多大な影響なぞない!」と思わせる美味しさ。

郷土パスタだけに日本で材料を揃えるのは、ちょっと難しいかもしれませんが、もし手に入ったら、ぜひパレルモの味をお試しくださいませ!

本日のジョルディ君

大好きなモンデッロビーチで春の夕日に黄昏るジョルディ君です。
「Ho fame... お腹空いた…」

-名店シェフのシチリア料理レシピ
-, ,