映画音楽と共にニューシネマパラダイスの村へ!

07/04/2017

名画「ニューシネマパラダイス」ロケ地半日ツアー

密かな人気を博すニューシネマパラダイスのロケ地ツアー。半日プランにアレンジしてのご案内をしてきました!

山の上にぽつんと佇む小さな小さな村。青く晴れ渡った空をのぞく小さな門の間を涼やかな風が吹気抜けていきます。

相変わらずのどかな空気が漂って、映画が撮影されたときとほとんど変わっていのかと思われます。撮影から……30年も経っているのに!

今回は、イタリア人有名JAZZサックス奏者ロザリオ・ジュリアーニの2018年日本公演のプロデューサーさんたちとご一緒でした。テーマは、CINEMA ITALIA。

”イタリア名画音楽”をカバーしたCINEMA ITALIAは、モリコーネの名曲中の名曲「ニューシネマパラダイス」はもちろん、ニーノ・ロータの「道」や「甘い生活」も収録。日本でも発売されていますよ。

あまりに映画の世界観と変わらない村を歩けば、自然と脳裏にあの音楽が蘇る…。

「ニューシネマパラダイス」は映像と音楽の完全無欠のコラボレートですねぇ。



撮影チームも泊まった村の一軒家宿で郷土ランチ

それにしても、誰もいない…www。

それもそのはず、ランチタイムだから!

撮影隊がロケ中寝泊まりしたお宿で、我々もランチをいただきました♪

まずは盛り盛りアンティパストから。ワインのカラフェが70年代っぽくて、オシャレ!

カポナータやナスのパン粉焼き、羊のチーズにサラミや生ハム。パスタ数種のうち、特に絶品だったのは出来立てリコッタチーズとズッキーニ。さっぱり風味で、なんだか…白和えのよう?!

身体に優しい味がしました❤︎。

遠い遠いシチリアのさらに人里離れた村で、なんとなく郷愁を感じてみたりしつつ、外へ出てみると、

お、ちょっと人の気配。

それぞれランチを終えたいつものオヤジたちが、いつものように再集合w。

右端にいるのは亡き仲間たちのお孫さんだそうで、おじいちゃんの代わりにすっかり仲間入り♪皆さん、映画にもエキストラで出演しているそうですよ。

映画を愛して、村を愛して。
訪れる観光客にもとても優しい村の人たち。
行くだけで、なんだか癒されます。

この記事のプランはこちら


こちらの記事も参考に!

-シチリアツアー体験記
-, ,

テキストのコピーはできません。