バローロとバルバレスコで3軒!夏レポ@日帰りワイナリーツアー

07/09/2019

あまりに涼しくて農作物の成長が心配された5月から打って変わり…6月からのイタリアは灼熱!北イタリア・ピエモンテでも連日35度を超える日が続きました。

そんな中、6月後半から7月初旬にかけて、大人気のバローロのワイナリーをめぐる旅(ワイナリーツアー)が1日おきに出発しています。

訪れたワイナリーを汗だくのチンチアさんから届いた写真と共にご紹介します。



アルバ近郊のアグリから出発!バローロ2軒+バルバレスコ1軒

成長著しいブドウ畑を一望するアルバ近郊のお宿にお迎えからスタート。

この日は日曜日でしたが、週末でも訪問可能なワイナリーはある!ということで、まずは、バローロの人気ワイナリー「フォンタナフレッダ」から。

午前中から暑い!涼やかなカンティーナを見学、試飲を体験してから、バローロ村でもう一軒。そして、バルバレスコを経由して再びアルバへ。



ピエモンテ名物料理、牛肉のバローロ煮込みで贅沢試飲

仲良し新婚さんカップルと思い出のバローロへ。「ヴィルナ」でたっぷり(?)試飲した後は、

名門「マルケージ・ディ・バローロ」のリストランテでフルコースランチで4種のワインを試飲です。この日のメインは、名物のブラザート・アル・バローロ(牛肉のバローロ煮込み)!

そしてバルバレスコへ。



ツウ好みな3軒プラン、ロエロ・ネイヴェ・バルバレスコをめぐる旅

バローロと並んで重要なワイン産地エリア、ロエロ、バルバレスコ、そしてネイヴェ。ネイヴェでは、バルバレスコのネッビオーロやランゲDOCアルネイスを生産しています。

35度を超える晴天。。。涼やかなネイヴェのカンティーナで、ライトなランチと共に試飲です。

ロエロは「ネグロ」、ネイヴェは「カステッロ・ディ・ネイヴェ」で試飲体験し、バルバレスコへ。

ほか雨の日のツアーやアルバ駅発着などなど、暑い中でもチンチアさんがアレンジ対応してくれています。熱中症(&飲みすぎw)に注意が必要ですが、真夏も続行。お気軽にお問合せください♪

この記事のプランはこちら


こちらの記事も参考に!

-ピエモンテツアーレポート
-, ,