お役立ち情報

イタリア国内移動はLCC(格安航空会社)が便利?

格安航空会社が結ぶ意外な国内空港

5月3日に、事実上の破たん状態に陥ったフラッグ・キャリア、アリタリア航空。危機だ、危機だとささやかれてウン十年。もはや驚くに値しない状況ですが、これまでも改善の努力なのか国内路線の変更が相次いできました。

以前は直行便があったのに、ローマやミラノ経由でないとダメ。なんてことが多々。

そのため、ローマ・ミラノ以外の都市から都市へ移動する場合には、アリタリアではなくLCC(格安航空会社)を利用するケースが増えてきました。

かの有名なライアン・エアー、イージージェット、ヴエリング、ヴォロテア…などなど。イタリアの空の便も、ヨーロッパ各国を拠点にするLCCが多数運航されています。

例えば、パレルモ→トリノ。ライアン・エアーとヴォロテアの直行便があります。1日の本数は限られますが、タイミングが合えば、使わない手はありません。

乗換はゼロか、できるだけ少ない方がイタリア旅は安心

ちなみに、料金は格安とはいえ「機内預け荷物」や「優先搭乗」、「席指定」などオプションをつけていけば、アリタリア航空のエコノミープランとあまり大差はなくなりますが、乗換しなくて済めば時間を買うようなもの。やはりお得な感じがします。

あ、なぜ乗換を極端に避けようとするのか?

それはもちろん、面倒くさいからw!万が一遅れが出たりなんかすれば、リカバリーに体力と精神力が奪われますから。また、乗換が増える=ロストバゲージの確率が増える。できるだけ避けるのが、イタリアの処世術とも言えましょう(←悲しい)。

上記のヴォロテアですが、パレルモ―ナポリ、パレルモートリノなどでここ数回乗ったところでは遅れは1回。あとは、予定時間よりもだいぶ前に到着しました(遅延を見込んで予定時刻を後ろ倒しにしているとの噂もありw?!)。直行便であれば…多少の遅れ(まれに早く着く)は我慢の範囲。。。何しろイタリアだし。。。まあ、到着後の予定変更が効かない場合は、万が一遅れても良いようなスケジュール…前日に移動しておくなど、やっぱりイタリア的な処世術は必要かも(←やっぱり悲しい)。

イタリア国内線LCCの見つけ方

数あるLCCの中から、便利な路線を見つけるには、各社のサイトをイチイチ見ていたら大変です。路線を探すには、まとめ検索サイトを利用するのが手っ取り早くておススメです。

例えば、ヴォーラ・グラティス

出発地・目的地・日程等を入力すれば、一目瞭然。このままサイト経由で予約もできますが、表示される航空会社のHPに飛んで購入する方がなんとなく確実っぽいのでそうしています(検索サイトさん、ごめんなさい)。

各サイトは英語かイタリア語の選択ができます。また購入・利用に関しては、自己責任。条件等はよく読むのは必須です。

アリタリア航空の破たんニュース後、「遅れたでた」「荷物がロストした」など破たんの影響かのような声を聞きますが、いや…デフォルトですからwww。とはいえそんなところもイタリアらしい(?)し、制服もお洒落だし、日本との直行便はJAL撤退後はアリタリアのみだし…イタリア人たちの意見とは反して(70%以上が救済する必要なしと回答したとか)救済されることを密かに祈っています。

URL
TBURL
Return Top