イタリアの祝日 12月8日は無原罪の御宿り インマコラータ・コンチェツィオーネ

12/08/2018

12月8日は“マリア様が宿った”日

師走も押し迫る12月8日は、「無原罪のお宿りの日」。イタリア語では、インマコラータ・コンチェツイオーネ Immacolata Concezioneと呼び、キリスト教の大切な祝日のひとつです。

この日は、「キリストを生んだマリア様は神の特別な計らいにより、誰しもが生まれた時に持っている原罪を最初から持たず、その母であるアンナ様の胎内に宿った」とする日。

ちょっとややこしいですが、要するに、マリア様のお母様がご懐妊した日となります。

キリスト教徒にとっては、全ての始まりの日でもあり、重要な祝日。例年、イタリア各地でミサや宗教行列が行われます。

この時期のイタリア旅行では、街歩きの途中で遭遇するかも?!

※写真はコロナ禍以前に撮影したものです。

クリスマスシーズンは12月8日から正式スタート!

クリスマスにスタートと同時に、12月8日から本格的にクリスマスがスタート

巨大なツリーやカラフルなイルミネーションが、イタリア全国津々浦々、各街、各街角を華やかに彩ります。

キラキラと輝くイタリアの街は、また格別の美しさです!

また、クリスマスプレゼントのショッピングシーズンもスタート。12月8日からは本番の12月24日夜まで、土日も営業になるお店が増えます。

12月25日のクリスマス当日、そして翌日のサント・ステファノの祝日が終われば、一旦平日ムードに戻りますが、クリスマスは翌年1月6日エピファニア(ベファーナの日)まで

ちなみにイタリアに三が日はなく、1月2日から通常営業です。

どうぞ良いクリスマスを!Buon Natale!

関連記事

-イタリア豆知識
-,

テキストのコピーはできません。