【イタリアの祝日:12月13日】光の聖人サンタルチアの日〜伝説とパレルモではパンとパスタが禁止になる?!別名「アランチーナの日」

12/13/2018

シラクーサと”目”の守護聖人 サンタ・ルチアの伝説

イタリアでは、12月13日はサンタ・ルチアSanta Luciaの日 。ルチアの語源は、ラテン語Lucius(約束された光)。サンタ・ルチアは、光の聖人としても知られています。また、シチリア島シラクーサの街の守護聖人でもあります。

ご当地シラクーサの旧市街、ドゥオモ広場にある「Chiesa di Santa Lucia alla Badia (聖ルチア教会)」には、カラヴァッジョの「聖ルチアの埋葬」が飾られています。

カラバッジョ作「聖ルチアの埋葬」

シラクーサ大聖堂ドゥオモ 聖ルチア礼拝堂

西暦283年に貴族の娘としてシラクーサに生まれたルチア。病気の母を抱えていましたが、キリストの奇跡で治癒したことから熱心にキリスト教を信仰するようになりました。そのことで、当時のローマ皇帝ディオクレティアヌスにより迫害の対象に。

繰り返された拷問の最後には、なんと両目をくり抜かれました!

それでも信仰を失うことなかったルチア。両目はなくても”見る”ことができたそうです。

そんな伝説から、視覚に苦しむ人々を守る聖人としても信仰されています。



シチリアの州都パレルモでは、パンとパスタ禁止の日!

シラクーサの対岸に位置する州都パレルモでは、別名「アランチーナの日」と呼ばれています。というのも…。

これにはまた、由来となった別のサンタルチア伝説があります。

1646年冬の飢餓の年。パレルモの港に、大量の麦を積んだ船が漂着しました。空腹に耐えかねていたパレルモ市民は、船が停泊するや否や、麦を精製するのさえ待てず、積荷の麦をそのまま茹でて食べました。

なんとか飢えから救われたこの日は、ちょうど12月13日。奇しくもサンタ・ルチアの殉教の日だったのです。

「これは聖ルチアの奇跡?!」

というわけで、以来、12月13日は精製した麦(パンやパスタ)を食べず、お米や茹でた麦を食べ、サンタ・ルチアに感謝を捧げる日となった次第。



パレルモでお米といえば…そう、アランチーナ!

この日パレルモでは、お米で作るアランチーナが主役になる日。お店でももちろん買えますが、伝統的な家庭では大量に手作りします。

参考 アランチーナを作ってみる?パレルモのマンマが教える本場流レシピ

12月13日は、パレルモではパン屋さんがお休みになりますので旅行中の方はご注意くださいね♪

また、アランチーナのほか、伝統菓子クッチアもいただきますよ!

 

cf:Balarm.it "Da Caravaggio a Garcia Lorca:;eggende, miti e cronache su Santa Lucia da Siracusa"

オンラインで料理レッスン&イタリア語

シチリア人シェフの”シチリア家庭料理”レッスンとイタリア人料理研究家の”カラダに効くお洒落なイタリアン”レッスンを開催中です(日本語通訳付き)。

詳細&お申し込みはこちら↓から。過去の開催レポートのリンクも!

オンラインで繋がるイタリア料理レッスン&サロン日程/お申込み

家からダイレクトでイタリアへ!オンラインで繋がろう お申し込みは下記フォームから! イタリア現地から直接繋ぐオンラインのサロンです。時差を乗り越えイタリアの”今 ...

続きを見る


-イタリア雑学豆知識, シチリア料理/シチリア菓子/シチリア食材
-, ,

© 2021 La Vacanza Italiana