美味しいカルチョーフィ(アーティチョーク)が食べたい!〜伝説から食べ方、シチリア名産極旨品種まで

02/05/2021

古代から愛されるカルチョーフィ(アーティチョーク)の伝説

花の蕾のようなカタチをした不思議な野菜、カルチョーフィ。実際、花の蕾です。紫色の綺麗な花を咲かせるその前に、収穫され、冬から春のイタリアの食卓を美味しく彩ります。

古代エジプト人や古代ギリシャ人は「太陽の贈り物」と呼び、地中海沿岸では古代から親しまれてきました。古代ギリシャの伝説に、シチリア沿岸を散歩中のゼウスが見初めた妖精をオリンポスに連れ帰るため、カルチョーフィに変えた物語があります。

外側は固いガクに覆われているけれど、中は柔らかく、美しい花を咲かせるその姿はたしかにニンフが隠れているようです。

イタリアでは、そんな伝説が残るシチリアで西暦1世紀頃から栽培が始まったと言われています。その後、中世時代にイタリア全土を制し、フランスに渡り、イギリスまで。今では日本でも生産され、ちょっと珍しいけど手に入らない野菜ではなくなっています。



シチリア名産極ウマ希少品種”スピノージ・ディ・メンフィ”

ロマネスコやヴィオレッタ、ブリンディシーノなど、イタリア各地で生産される多種多様なカルチョーフィ。長い間に栽培・収穫がしやすいように品種改良が重ねられてきました。

古代の野生種に近いのはスピノージという棘がある品種。アラブ人が「地球の棘」と呼んだその棘は、鋭く硬く…収穫が大変です。そのため、一時期絶滅品種となりましたがシチリアの南西部メンフィで復刻に成功。

メンフィで生産される希少品種の”カルチョーフィ・スピノージ・ディ・メンフィ”は、味わい深く繊細で伝説のニンフの化身そのもの。シチリアの名産品として知られています。



冬のカラダをデトックスするカルチョーフィを美味しく!

カルチョーフィの旬は主に冬から春(秋摘みもあります)。シチリアでは、2月になれば、市場に山積みになります。

ビタミンA、B、C、Eを含み、抗酸化作用もあり、また肝臓の解毒作用を高めるシナリンという物質も含むため、デトックス効果も期待できます。冬の間に溜め込んだ”いらないもの”をすっきり排出し、新しい春を迎えるのにピッタリではないでしょうか?!



カルチョーフィの食べ方いろいろ、下処理にレモンは必須

さて、そんなカルチョーフィは、「どこをどう食べたら良いの?」が問題です。硬い蕾をはいではいで…中の方をいただきます。

硬いガクを剥ぎ取ったら、頭の部分を切り落とします。

半分に切って中心の花の部分をくり抜くか、もしくはそのまま調理しますが、酸化防止にレモンを用意するのをお忘れなく〜。

煮たり、炒めたり、フリットにしたり。あるいは生で、食べ方はいろいろ!シチリアでは、春のパスクア(イースター)や4月25日の記念日のピクニックで、炭火焼にするのがお楽しみです。

レシピ 我が家のカルチョーフィ・アッラ・ロマーナの作り方

レシピ本場のカルチョーフィ・レシピいろいろ

オンラインで料理レッスン&イタリア語

シチリア人シェフの”シチリア家庭料理”レッスンとイタリア人料理研究家の”カラダに効くお洒落なイタリアン”レッスンを開催中です(日本語通訳付き)。

詳細&お申し込みはこちら↓から。過去の開催レポートのリンクも!

オンラインで繋がるイタリア料理レッスン&サロン日程/お申込み

家からダイレクトでイタリアへ!オンラインで繋がろう お申し込みは下記フォームから! イタリア現地から直接繋ぐオンラインのサロンです。時差を乗り越えイタリアの”今 ...

続きを見る


-シチリア食材
-, ,