Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パレルモ:シチリア州立美術館に
アントネッロ・ダ・メッシーナの名画が集結!

投稿日:12/15/2018 更新日:

シチリア美術界ルネッサンスの至宝
アントネッロ・ダ・メッシーナ

シチリア島メッシーナで生まれ、パレルモで修行を積んだルネッサンス期の画家、
アントネッロ・ダ・メッシーナ(1430〜1479年)。
マリアを正面から捉えた独特の構図の『受胎告知のマリア』は余りにも有名です。

[flexbox]
[flexitem]
[/flexitem][flexitem]
[/flexitem][/flexbox]▲左:受胎告知のマリア 1476年
右:聖ヒエロニムス・聖グレゴリウス・聖アウグスティヌス 1472〜1473年頃

15世紀中頃にナポリとベネチアに渡り、フランドル画派の影響を受けた見事な細密描写。
その中に溢れ出る叙情性と人間的な温かみを感じさせる絵画は、どれも心を打つものばかりです。

▲聖母子像(部分)1473年

そんなシチリアが生んだ稀代の画家アントネッロ・ダ・メッシーナの作品が、
約500年の時を経て、2018年冬、パレルモに結集
世界に現存する約半数もの作品を一挙に鑑賞する絵画展が開催されます!

シチリア州立美術館パラッツォ・アバテリス

舞台は、パレルモ旧市街に位置するシチリア州立美術館Galleria Regionale della Sicilia di Palazzo Abatellis

[flexbox]
[flexitem]
[/flexitem]
[flexitem]
[/flexitem]
[/flexbox]▲左:12月13日に行われた記者会見にて。シチリア州立美術館の代表作品でもある巨大フレスコ画『死の凱旋』(15世紀中期)
右:キリストの磔刑 1745年

2018年イタリア文化首都パレルモ〜Palermo Capitale Italiana della Culturaを締めくくる重要な展覧会として、
ジョバンニ・カルロ・フェデリコ・ヴィッラ教授キュレーションの元、
フィレンツェのウフィッツィ美術館やルーマニアのシビウ国立美術館など、
世界各地の美術館の収蔵作品が続々とパレルモに到着します。

▲シチリア州立美術館館長Evelina De Castro(中央)と共に館内にて

地中海世界の社会・文化背景を理解する面でも重要なイベントとなるはず。
シチリア旅行の際には、ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく!

パレルモ・シチリア州立美術館
 Via Alloro, 4, 90133 Palermo PA
+39 091 623 0033

料金:13ユーロ
アントネッロ・ダ・メッシーナ展
期間:2018年12月14日〜2018年2月10日まで
時間:火〜日 9:00〜19:00
休館:月・12月25日・1月1日

 

-イベント
-, ,

Copyright© La Vacanza Italiana , 2019 All Rights Reserved.