Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

激ウマ!クララの”アチューゲ・アル・ヴェルデ”

投稿日:05/23/2019 更新日:

ピエモンテの田園アパルタメント滞在で作ったクララの激ウマ・レシピをご紹介!



噂のアチューゲ・アル・ヴェルデの作り方

ピエモンテの友人知人間で大評判のアチューゲ・アル・ヴェルデ「アンチョビとイタリアン・パセリのオイル漬け」のレシピです。

アンチョビは、オイル漬けのツルツルしたのではなく、塩漬けがミソ。スペインのカンタブリア産がベストとのこと。

①まずは、ちょいとお酢を入れた水の中で、アンチョビの骨と鱗を取り除きます。

「きっちり取らないと、後で嫌な思いをする」そうなので、なめらかな口当たりになるようにせっせと丁寧に取り除きますよ。

②キレイになったアンチョビは、キッチンペーパーで水気を取り乾かします。

③次は、ささっと洗ったイタリアン・パセリの水分を取り、

半円の包丁”メッツァ・ルーナ”で、細かくこまかーくみじん切りにしていきます!(普通の包丁でももちろんOK)

これでもか〜!っていうくらいがコツ。

④勢いに乗ってイタリアン・パセリの粉末が飛び散らないよう、刻み途中の山にオリーブオイルをたっぷり加えます。ついでに、ニンニクも3、4片ぶち込んで…(ニンニクの量はお好み次第)これくらい↓になるまで頑張ります。

⑤ガラスの容器に、④のイタリアン・パセリのみじん切り→②のアンチョビ→イタリアン・パセリ→アンチョビ…とミルフィーユ状に重ねます。

⑥仕上げに、ヒタヒタになるくらいたっぷりオリーブオイルを”もこみち量”で加えたら、指で軽くなじませます。

こんな感じになったら、冷蔵庫で数時間から一晩休ませて出来上がり!

うん、緑色。まさに”アチューゲ・アル・ヴェルデ”って感じの風貌です。

すぐでも食べられますが、ひと晩置いたくらいも味がしっかり落ち着いて美味しい

マスカルポーネと一緒にパンに乗せてブルスケッタにしたり、そのまま食べたり。ワインのお供にもサイコー。青魚、ニンニク、オリーブオイル、そして珍味系がお好きな方にオススメです。

分量は、テキトーです!郷土料理とは得てしてそういうもの…。

この記事のプランはこちら


クララの”アチューゲ・アル・ヴェルデ”はリクエストで!

ピエモンテ田園宿泊プラン

こちらの記事も参考に!

 

 

 

-本場のレシピ
-, , ,

Copyright© La Vacanza Italiana , 2019 All Rights Reserved.