世界遺産ランゲ・ロエロの三大ワインをめぐる旅@日帰りワイナリーツアー

08/20/2018

バローロ・バルバレスコ・ロエロの三大ワイナリー産地めぐり

アルプスの麓に位置する北イタリア・ピエモンテ。北といえども、夏は暑い!

ピエモンテの三大ワイン名産地も灼熱の暑さの中、ぶどうもすくすく成長中です。

人気のチンチアさんと行く!ワイナリーをめぐる旅。プランBでは、人気高まるロエロのワイナリーと、バローロ・バルバレスコの3軒をめぐります。

人気プラン
バローロのワイナリーをめぐる旅 プランA/B

まずは、ワインの女王バルバレスコの産地へ! 大人気プラン バローロのワイナリーをめぐる旅の現地レポートです! チンチアさんとアスティ駅で待ち合わせ、車で約40分 ...

続きを見る

マッテオ・コレッジアやネグロなどの有名ワイナリーのほか、小さな小さなロエロのワイナリーに訪れることも。

暑い最中にチンチアさんが撮ってきてくれた写真をご紹介します!



遺跡を利用したカンティーナでこだわりのアルネイス

今回は、年間生産量3万本という小さなワイナリーを訪れました。

少数精鋭、生産数を抑えてこだわり抜いて造るワインには、味わいをイメージさせる壮大な名前がついています。

じっくり話を聞きながら、ひんやりと涼しいカンティーナは、遺跡を利用したインフェルノット。この地下システムも世界遺産です。

そこには、なんと!こんな遺跡も。

…パン?

いえいえ、これは貝の遺跡。数億年前?は海底だった名残です。

ロエロからランゲ地区のバローロ、バルバレスコへ!

ここで写真は終了…・笑。あまりの暑さにチンチアさんの集中力が切れたようです。続きは、現地で!秋のご予約もじわじわ埋まり始めています。

この記事のプランはこちら


こちらの記事も参考に!

-ピエモンテツアーレポート
-, , ,