ピエモンテからお届け

バローロをめぐる旅1 バルバレスコで絶景&ワイン

まずは、ワインの女王バルバレスコの産地へ!

大人気プラン バローロのワイナリーをめぐる旅の現地レポートです!

チンチアさんとアスティ駅で待ち合わせ、車で約40分。
レンガ色の美しい小さな町バルバレスコに到着します。

収穫期でもありトラクターやトラックが静か〜に行き交っていました。
さすが、天下のバルバレスコ!運転手さんもマナーが良いようです。

これは町の中心にあるトラック計量所。


空のトラックの重さを量ってから、ブドウを満載して戻ってきます。

町を散策しながら、バルバレスコで生産する全生産者のワインが並ぶエノテカへ。
教会跡地を利用した館内で、気になるワインを試飲できます。

La SpinettaGajaなど、名ワイナリーのボトルも現地価格!
試飲も1杯3€です。破格!
※ボトルを購入すると試飲代はボトル代に含まれます。

町歩きで生産者直売ノッチョーレタルト発見!

教会エノテカの外には、ピエモンテの名産のひとつノッチョーレの直売店。
生産者さんが、自社製品を売りにきていました。

煎ったノッチョーレ(ヘーゼルナッツ)やペースト、タルトなどなどなど。
小麦粉を使わないノッチョーレ100%のタルトは絶品です!
(おじさんを見つけたら、ぜひお試しください!!!)

そして…バルバレスコ自慢の塔へも登ってみました。
町のシンボルでもある中世時代の塔をリニュアルし、
ガラス張りのエレベーターで一気に登れば、そこは絶景!

周囲に広がるブドウ畑…まさにワインの里の只中にいることを実感できました。

日本未輸入、知られざる名バルバレスコを試飲

塔から降りたら、まずは1軒目のワイナリーを訪問です。
直販のみしか行っていない、つまりここでしか買えない(もしくはネット)、
貴重なバルバレスコのワイナリーを年代別に試飲させていただきました。

オーナーの熱い想いを聞きながら、最新の2010年、2009年、2008年、そして2006年。
年によって味わいが全く異なる面白さ。
バルバレスコの醍醐味を堪能しつつ、ココでしか買えないボトルもお土産に♡。

軽く酔っ払い…陽気さを増しながら、次の目的地バローロへ向かいます!

気軽に贅沢バローロ・バルバレスコ三昧

大人気プラン!
世界遺産の風景を眺めながら3軒をめぐります。
現地最新情報&レポート  
現地の最新情報やご参加いただいたお客さまの報告レポートは、こちらから!
>>> ピエモンテからお届け

チンチアさんや家の様子はこちらにも>>>BLOG タグ:チンチアさん
Return Top