Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パレルモの治安〜マフィアはいるの?危険なエリアは?

投稿日:03/23/2019 更新日:

現地からお届け!シチリア最大の街パレルモの治安は?

シチリア島最大の島、パレルモ。人口約70万人。ローマ、ミラノ、ナポリ、トリノに次ぐイタリア第五の都市であり、イタリア20州のうち最大の州であるシチリア州の州都パレルモは、思いのほか大きな街です。

地中海のほぼ中央に位置するパレルモは、東西文化の拠点として華やいだ記憶が宿る港町。地中海の青空に椰子の木々が揺れ、爽やかな海風が届く街には、どことなくエキゾチックな香りがします。

世界遺産アラブ・ノルマン様式の建造物、シチリアンバロックの貴族の館が立ち並ぶ旧市街は、まるでラビリント。活気ある市場や路地裏の日常風景は、まるで古いイタリア映画を見ている気分にさせてくれることでしょう。



パレルモの治安とイタリア旅行の防犯対策

イタリアの大きな都市(ローマやミラノ)がそうであるように、命の危険を感じるほどに悪くもなければ、決してよくもないといったところ。パレルモは、ローマやナポリと比べてみると、比較的のんびりとした田舎の雰囲気が漂っています。

イタリアで多い犯罪はスリや置き引きなどの軽犯罪自分がいかに注意するかによって危険度は変わってくるとも言えます。

イタリアの都市で注意したい安全対策

置き引き対策
・チケットを購入するとき、MAPを検索するときなども放置しない。
・食事中(特に外テーブル)も肩にかけっぱ放しにしない。道路側の椅子に置かない。

など、どこに何を持っているかは常に意識すること。

スリ対策
・道路側の手にカバンを持たない。
公共交通機関や市場など混雑する場所では、特に注意する(口の開いたカバンの見える位置にお財布やスマホを入れておかない)
・人の気配のない路地裏は避ける。

など、貴重品を持ち歩く場合はできるだけ分散しましょう。スリはプロ。単独からチーム制までさまざまなタイプがあり、気づかないうちに「あれ?」なんてこともあります。大きな荷物があるときは、公共交通機関は避けるのが自己防衛にもなります。お金は盗まれるより有意義に使うべし!です。(筆者もローマの地下鉄で携帯をスられた経験あり)。

ナンパ対策
・しつこく絡んでくる人には相手にしない。完全無視でOK。
・ホテルの場所など気軽に教えない。
女性の夜の1人歩きは格別注意が必要。昼間でも薄暗い路地などは1人で歩かない。
・変な日本語で親しげに話しかけてくる人を相手にしない(断る場合でも)。

しつこい奴は、基本無視!存在を認識されてると思われると、しつこさが増す可能性もあります。無視無視、完全無視!しつこくされた場合は、バールや店に入るなどしてまともそうな人に助けを求めるなどが対策です。

など。まともなイタリア人はしつこくナンパしたりしませんので、ほとんどの場合運命の出会いではありません。

ほか、ボラれないようにお会計の際はきっちりチェックする、タクシーはメーターをつけてるかチェックするなどなど。世界一安全な国日本では考えられないようなことでも、そこに住んでいる人にとっては当たり前の注意でもあります。上記は、パレルモに限らずイタリア全土で有効です。

>>>パレルモ旧市街暗〜い夜道の地元流歩き方



マフィアはいるの?危なくない?

パレルモといえば、マフィア?実際にマフィアに遭遇することは…あります。そこのおじさんも、あそこにいるお兄さんもみーんなマフィアですよ!というのは、嘘です(笑)。

もしアナタがアラブの石油王ファミリーか、国際要人でもない限り、(多分)大丈夫。マフィアが一般の旅行者に関わってくることはありません(ビジネスとして割りが合わないから)。

ちなみに、マフィアはイタリア全土にいますよ〜(小声)。

80年代、90年代は実際抗争もありましたが、現在は平和そのもの(…ゴミ問題以外)。当時のパレルモ界隈の様子を知りたい方は、こちらもご参考に!

ただし、マフィアヒエラルキーの下層にいるチンピラが多少のスリなどをするケースもあります。下記のエリアをチェック!

パレルモの危険なエリア・避けたいエリア

特に注意したいのは、中央駅周辺。イタリアの大きな都市の中央駅付近というのはどこもなんとなく危険な香りがするもので、どの街でもできるだけ気をつけた方が良いでしょう。

また、古い街並みが残る旧市街は迷路のようになっています。明け方や薄暗くなってからはもちろん、昼間でも人の気配のない路地裏を歩くのはできるだけ避けるべき(イタリア全土同じ)。地元の人(特に女性)も、夕方以降は大通りを選んで歩きます。感性を高めて、本能が拒否する道に入るのはやめましょう。

有名なヴッチリア地区も観光客が増えたため、少々スリが多くなっています。石畳の道も滑りやすく歩きづらいので、大通りよりは注意した方が無難です。

あまり観光客は行く機会がないと思いますが、港近くのボルゴ・ヴェッキオ地区はできれば避けたいエリアです。

ホテルはどの辺が便利?パレルモのおすすめエリア

新市街(ポリテアマ劇場周辺)が人気のエリア。特に、歩行者天国になっているプリンチペ・ディ・ベルモンテ通り界隈は、4つ星以上のホテルや小綺麗なB&Bが多く見つかります。観光客はもちろん人通りや車通りも多く、夜も繁華です。

旧市街の細い路地、人の気配のない道や店は避け、できるだけ人通りのあるところを選び、貴重品の管理をしっかりするなど常識的な行動をしていれば至って普通の街ですが、日本よりも”常識的な範囲”を広げる必要があります(←どこのイタリアの町でも同じです)。

トラブルに遭遇することなくパレルモの人情に触れる機会がどうぞありますように!と現地パレルモからお届けしました!

毎日更新!BLOGシチリア暮らしパレルモの平日〜ボン先輩は今日もご機嫌の現地情報もご参考に!

ではでは、Buon Viaggio!

 

 

絶賛予約受付中!

-パレルモの基本
-,

Copyright© La Vacanza Italiana , 2019 All Rights Reserved.