La Vacanza Italiana

現地コーディネーターがご案内!
イタリア・シチリアの旅と暮らしの情報サイト

ピエモンテからお届け

トリノから電車でアスティへ!
モンフェッラートのワイナリーも収穫真っ盛り

トリノからアスティ、ローカル線で約40分の車窓の旅

おなじみチンチアさんのピエモンテプランは、
アスティ駅集合から始まります。

アスティ駅はトリノ・ポルタ・ヌオヴァ駅から、
ローカル線で約35〜40 分。特急(フレッチャビアンカ)で約30分。

イメージ的には、東京駅から横浜駅?
本数も多く、便利な路線です。チケットは、トレニタリアのサイトで事前予約・購入もできるし、
駅の自動販売機でクレジットカードで購入も可能です。
ローカル線(Reginale)は予約は必要ありません。

あっという間にアスティが見えてきました!アスティ駅まで迎えに来てくれたチンチアさんと合流し、
ここからバローロのワイナリーツアーや田園のアパルタメントへ。
ピエモンテの旅はアスティから始まります。

チンチアさん宅での今回の旅の様子はこちら↓

モンフェッラートの家族経営のワイナリーで
発酵中のモストを試飲!

さて、チンチアさん宅泊翌日は、まだ知らぬ…モンフェッラートのワイナリーへ。

世界遺産「ロエロ・ランゲ・モンフェッラートの葡萄畑」のうち、
バローロ・バルバレスコの産地と知られるランゲや、
昨今話題のロエロは、相変わらずの知名度と人気ぶりですが、
モンフェッラートもなかなかのワイン名産地です。ルケ、バルベーラ、コルテーゼ。

小さな小さなワイナリーも多く、
家族でワイン造りに取り組む農家さんといった趣を残しており、
観光客慣れしていない雰囲気がこれもまたオツです。

グリニョリーノの収穫が始まった畑。
ご主人は、どこかにいるらしいw。


イノシシ被害も多かったようで、農家さんは大変です。
収穫中のご主人を探すのは諦めて、奥さまが対応してくれました。


発酵が進んだシャルドネとソーヴィニヨン・ブラン。

ヴェンデミア時期のワイナリー訪問は、
モストを試させてくれるのが面白いですね。

さて、今年はどんなワインができるでしょう?

搾かすは、グラッパになりますよ。楽しく試飲させていただきました♪
宿泊プランでは、モンフェッラートのワイナリー見学プランも組み込むことができます。

現地最新情報&レポート  
現地の最新情報やご参加いただいたお客さまの報告レポートは、こちらから!
>>> ピエモンテからお届け

チンチアさんや家の様子はこちらにも>>>BLOG タグ:チンチアさん
Return Top