イタリアではハロウィンより翌日が大事?!
”諸聖人の日”と”死人の日”のシチリア伝統菓子

投稿日:

ハロウィン翌々日は、イタリアのお盆”死者の日”

すっかり日本でも定着したハロウィン。ケルト人の習慣が由来の”秋の収穫を祝い悪霊を払う祭”とされていますが、アメリカ文化の影響から仮装に力を入れるイベントになっていますね。最近はイタリアでも、ハロウィン を楽しんだりもしています。

とはいえ、大事なのは翌日と翌々日。11月1日は、キリスト教の”諸聖人の日(万聖節)Ognissanti”で、すべての聖人と殉教者に祈る日です。万聖節に続く11月2日は、万霊節。”死人の日(万霊節)Festa dei morti”とも呼ばれ、すべての死者の魂を祈る日となります。

この日は先祖の墓地をお参りし、お花やお供えをする…いわば、イタリアのお盆!ハロウィンのようなイベント的な趣はなく、宗教の祝祭らしく粛々と行われますが、11月2日が近づくと、シチリアでは”この日に食べるお菓子”が店頭に並びます。「そろそろお盆ね。お墓参りに行きましょうか」なーんて、ますますお盆風。

習慣的に祝祭時や季節を告げる伝統菓子をいただく文化は、ちょっと日本と似てるかもしれません。

ちなみに10月31日は、古代ケルト人の大晦日にあたりSamhain(すべての魂の意味)と呼ばれていた日。異教のため、キリスト教社会からは排除され、新たに万聖節と万霊節が設けられた…なんて話もあります。>>>Cf.Origini e tradizioni della Festa dei morti in Sicilia



”死者の日”に食べるシチリアの伝統菓子 フルッタ・マルトラーナ

本物さながら?フルッタ・マルトラーナ

有名なのは、アーモンド生地のマジパンで作るフルッタ・マルトラーナ。フルーツや野菜などを模した極甘のお菓子で、パレルモのマルトラーナ教会併設の修道院が起源です。パレルモ土産として年間売られていますが、イタリア的お盆の代表的な伝統菓子のひとつです。

骨を模したオッソ・デイ・モルティ(「死者の骨」の意味w)と砂糖で作る人形型のお菓子プーピ・ディ・ズッケロも死者の日のお菓子。

”死人の骨”とは、微妙なネーミング

またシチリア各地のお菓子もあり、お菓子各種とドライフルーツをカゴに持ったものやヴィーノ・コットで作るムスタッツォーラ、はちみつのラーミ・ディ・メーリ、ゴマをまぶしたレジーナなどなど。

この時期に限らず商業的なイベントに駆逐されがちな伝統行事ですが、シチリアには小さなお菓子で死者を思い出す習慣が今もしっかりと残されています。

 

-イタリア雑学豆知識, シチリアの美味しいものと旅
-, ,

Copyright© La Vacanza Italiana , 2019 All Rights Reserved.