パレルモの美味しいお店

地元人が通うパレルモ家庭料理”食堂”
トラットリア・ダ・ピーノ

パレルモ人が愛してやまない地元食堂

新市街と港の間、ポリテアマ劇場の裏手に位置する下町地区ボルゴ・ヴェッキオで、
長〜く地元人に愛され続ける店が、『トラットリア・ダ・ピーノ』。

観光客にはあまり知られていないエリアだけに、
店内をのぞけば、いつも地元パレルモ人でいっぱい!
サクッとランチを食べに、気の置けない仲間と集まる夕食に…。

お一人様オヤジと相席になることも多々ある、
安くて美味しい地元食堂といった趣のこの店では、
友達のマンマが作ったようなシンプルで美味しい、
ド・定番のパレルモ家庭料理がいただけます。

「ナスのカポナータ」(↑)や「タコのインサラータ」、
「スピエディーニ(↓)」などの定番メニューのほか、
その日の市場の状況で、旬の野菜や魚料理も用意されています。

知られざる郷土パスタは日本人好み?!

パレルモの郷土パスタといえば、
「パスタ・コン・サルデ(イワシのパスタ)」が知られていますが、
「カジキとナスのパスタ」や「ブロッコリーのパスタ」などなど、
季節によって変わるパスタも多数。

また、普通のレストランではメニューにすらならないような(笑)、
超絶シンプルな郷土パスタに出会えるのもこんな食堂ならでは。

オリーブオイル、にんにく、プレツェーモロ(イタリアン・パセリ)だけを使った、
シンプルの極致!「スパゲティ・アッラ・カレッティエラ」
オイルの乳化具合が絶妙で、簡単そうだけど本場ならではの味。
と言えなくもない逸品です!
腰のあるパスタとさっぱり風味で、気分はかけうどん。
食欲のないときでもぺろりと食べられます。

そしてもうひとつ、「グラッサ」。
こちらは別名”肉じゃがパスタ(©sawabon)”。

肉の茹で汁とジャガイモで和えるだけーのパスタは、
炭水化物&炭水化物のガッツリ系ですが、お肉の出汁が効いて癖になる味!

お皿の盛りもまったく気取りがなく、
雑多な食堂感満載で、下町好きにおすすめの名店。
なんでもない普段のパレルモが見られる&味わえます。

2代目オーナーのジョバンニさん。
お会計は昔懐かしの筆算です!

ご参考に!>>>BLOG:パレルモの美味しいお店

Trattoria Da Pino
Via dello Spezio 6,  Palermo
+39- 349 633 7358
ランチ12:00〜/ディナーは週末(金・土のみ)19:30〜 不定休
オープン確認のためにも予約が無難
目安:1人10ユーロ前後

 

URL
TBURL
Return Top