シチリア・食い倒れツアー2018

シチリア食い倒れツアー2018レポ
〜4日目AM バロック三姉妹制覇!シチリア随一のドルチェをご賞味

前回のお話:

こってり濃厚な本場のスローライフ&スローフード、シチリア農家ライフを堪能したご一行さまは、一路シチリア島東岸へ。

途中、謎のワイナリーを訪ねましたが、謎すぎるので割愛。記憶に残していませんw。

ラグーザに行ったら、ラグサーノを買わなくちゃ!

ラグーザに到着した頃には、すでに夜の帳が降り始めた時間。長い1日の後半(というか終わり)は、それぞれフリータイムでお過ごしいただきます。ホテルもバスタブ付き!

美しいバロックの夜景とお好きな時間を過ごしたいチーム、ホテルでのんびりチームと別れを告げたエミコ&サワボンの”アペリチェーナ”体験チームは、早速、ラグーザの名物チーズ店へ。

「さあ、食べろ!」

チーズやワインやら厳選セレクトのお店で爆買い♪ここからのご案内は、ラグーザ人のルーチョ君。日本で輸入会社を経営する友人で、オリーブ収穫に合わせて帰国中。「アペリチェーナを一緒に!」ってことで、ツアースケジュールにはないけどオーガナイズ(なぜならフリータイムだからw)。

ラグーザ郊外のオープン前のラグジュアリーなホテルで、ルーチョのノヴェッロオイルの試飲も兼ねてラグーザ名産品モリモリのステキ〜なブッフェをご用意いただきました(歯痛により写真なし)。

瀟洒なバロックが飾る世界遺産のラグーザ・イブラ朝散歩♪

さてそれぞれに過ごした夜が明けた朝は、ラグーザ・イブラをお散歩です。

ラグーザは、ノート渓谷に位置する小さな町。「ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々」として世界遺産に登録されている町のひとつです。

ラグーザ旧市街のひとつイブラは、路地が入り組みアラブ式のラビリトントのよう。ところどころにバロック装飾が見つかります。宝物を発見するみたい♪

今をときめくチッチョ・スルターノ氏のリストランテ「ドゥオモ」もあり、シチリアはどこでも美味しいですが、ノート渓谷界隈はまた独自の”美味しい”が溢れるエリア。訪れる日本人も多くなっています。周囲は何もない…ただただ渓谷が広がるのみですが〜。

坂と階段の多いイブラ散策の後は、再びバスの人。

世界遺産の町ノートで名店カフェ・シチリアを訪問!

世界遺産「ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々」に登録されている町は8つ。ノートラグーサ、カターニア、カルタジローネ、ミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニア、モディカ、パラッツォーロ・アクレイデ、シクリ。中でも特にかわいいノート・ラグーザ・モディカを勝手にバロック三姉妹と呼んでいます。

モディカ・チョコレート(別名:溶けないチョコレートw)で知られるモディカの町をドーンと一望しながら、

ドーンとノートに到着!

舞台装置のように町を演出するバロックの教会や装飾が見事です。青空も見事…。

こちらでも自由にお買い物したり、写真を撮ったり…しながら、名店「カフェ・シチリア」へ!

シチリアで一番美味しいとも言われるカンノーロやカッサータ。職人コラード氏が率いるシチリア菓子の名店です。

「ジェラートも美味しいよ♪」

ブリオッシュ・コン・ジェラートや名物カンノーリなど、午前中からハイカロリーをご機嫌でご賞味!パレルモのカンノーロと異なり、カカオが入らない軽やか風味で”トイレットペーパーの芯”くらいの太さがありますが、バクバクと一気に食べられてしまう不思議…を体験です。

ここでは、コラードのお弟子さん、エミコの旧友、日本人のR子さんに会うのも目的。顔出し厳禁のため、首から下だけ撮らせていただきましたw。黄色い人はエミコ。

顔を出してくださったコラード氏と記念写真を撮ったり、エミコはR子さんとやいのやいの旧交を温め…全体的にお騒がせしました。

ノートだけどモディカ・チョコレートを体験するツアーメンバーさん。口に入れるとジャリッ!口どけって何?!みたいな食感が特徴です。お砂糖とカカオの粒子が見える断面。

お天気もすこぶるよく、糖分取って元気復活!雨のパレルモ、怒涛の農家体験、そしてシチリア東岸らしいバロックの町々…といろんなシチリアを経験しながら、いよいよ最後の町、シラクーサへ!

続く。

運営スタッフ裏話は、犬ブログの方へまとめてます。
ご興味がありましたら、こちらも覗いてみてね♪
ボンブログ版シチリア食い倒れツアー2018

Return Top