シチリア・食い倒れツアー2018

シチリア食い倒れツアー2018レポ
〜1日目PM 貴族の館でお茶とシチリア伝統料理レッスン!

前回のお話:

デザートは、優雅に貴族の館でシチリア伝統菓子を!

大雨の中、ヴッチリア市場の家族経営のトラットリアで”中ぐらい”に食べた後、コルソ・ヴィットリオ通り沿いに建つ貴族の館へご案内〜。

こちらでは、犬ブログの方によく登場するピンキー(夫)&ボン先輩(犬)がお出迎えです。
※ピンキー(夫)とバレリーナが踊っちゃった貴族の館については、こちらにまとめてます!よかったら、どうぞ〜。

パレルモの老舗菓子店のドルチェたち。

こちらのお菓子、皆さまがガイドさんと街見学中にエミコと抜けてサクッと買ってきた新鮮出来立ての生菓子。持ち歩いているうちに、ちょっと崩れてしまいましたが!味は極上です!

老舗菓子店コスタの御曹司がイケメンだった件w。一応、写真にも動画にも収めております。

ひとしきり優雅に語らい、ボン先輩(犬)と遊び…などなどしながら、大雨フリータイム。それぞれのお買い物や街歩きやひと休みの時間を過ごして、夜に備えました!

子鹿のように走るボンとイケメンたち↓。

夜のゴハンは…自分たちで作りますよ!

お揃いのエプロンでシチリア伝統料理レッスン
手打ちパスタのブジアーテが超難関!

夕方再集合した御一行は、降り止まない豪雨の中をテクテク、キッチン・スタジオへ。まずは、駆けつけ一杯、シチリアの名門ドンナフガータのロゼ・スプマンテで乾杯です♪

講師はシチリア人パオロ先生。今回、盛り上がってお揃いのエプロンを作ってしまいました❤️!

初日のシチリア料理レッスンに加え、今回は、トマトソース作りやピッツァ作りも予定していたので、活用機会が多い!ってことで♪ レシピも整い、さっそくお料理開始です。

今回のメニューは、シチリア伝統料理の基本カポナータと手打ちパスタ、そしてカンノーリ。

手打ちパスタは…シチリア西岸の”ブジアーテ”をチョイスしたパオロ先生ですが、どうでしょうか!ちょっと難しすぎじゃ〜ありませんか?!

ブジアーテは、コネコネした記事をクルクル伸ばして、棒にネジネジと巻きつけてスルッと抜いて、一本一本を作っていく気の遠くなるパスタのひとつ。

かつて数十年前までのシチリアでは(田舎では今も)、週末ご近所の奥さん方が集まって、テーブルを囲んでおしゃべりしながら大家族分をせっせと作ったのだとか。地域コミュニティでありつつ、ゴシップの源w。映画マレーナをちょっと思い出したりします。

それにしても難しいっ!下手すぎるw!

と、ボヤいているのは私だけで、皆さん必死&上手。それぞれに個性が出るようで、繊細な細いタイプから極太タイプなどなど、いろーんなブジアーテができましたw。

そこからセレクトされたものだけを盛った皿…。

アシスタントのガブリエッラちゃんの厳しい検査を通り抜けた”厚みの整ったキレイな1本”だけが選別されていくという屈辱w。打率100%の方もいる中、あたくし、打率50%以下…。数十年前にシチリアに嫁に来ないでよかったな〜(壮絶な嫁いびりは想像に難くない…)とシミジミする中、お料理レッスンは進行していきます。

大量のナスを揚げたり、カンノーリの生地を揚げたり、大活躍のIHキッチン。ですが…、

油が熱する仕組みがガスとは異なるようで、筒にくっつけて丸めて揚げるカンノーリが開きまくる!!!というトラブルなども発生しましたが、パオロ先生が力づく(笑)で丸く仕上げ、朝取れリコッタで作ったクリーム(甘さは全員のご意見を聞き入れ、しぶしぶ日本人向けに調整)をやいのやいの詰めていきます。

ヘラではなく、スプーンで詰めるのが流儀なのだ!(ヘラだとキュウキュウに詰まってしまって、ふんわり感が失われるそうです)などと、本場ならではプロならではのレクチャーを聞いてるのか聞いてないのか不明な状態でしたがw、なんとか全品完成!

やれやれやっとひと息ついて、初日のディナーとなりました。

ブジアーテは、カジキマグロとナスのソースで和えて。想像以上のモチモチ感に感動した次第です。泡、白、赤、ドルチェ…とドンナフガータで揃えたワインを飲みながら、少しずつ打ち解けながら、夜は更けていくのでした。

パスタ作りの動画です!シチリア語講座付き♪

こちらはカンノーリ作り。

続く。

運営スタッフ裏話は、犬ブログの方へまとめてます。
ご興味がありましたら、こちらも覗いてみてね♪
ボンブログ版シチリア食い倒れツアー2018

 

 

 

 

Return Top