ゴッドファーザーの故郷コルレオーネ村で本物のシチリアマフィアについて話そう ー後半

11/15/2019

前半のお話
パレルモから日帰り!シチリア内陸部が絶景過ぎるニューシネマパラダイスのロケ地へ ー前半

パレルモから数十分で出会う静寂の異世界 パレルモからサクッと日帰りで行ける名画「ニューシネマパラダイス」のロケ地ツアー。ロケ地となった可愛い村はもちろんですが、 ...

壮大なシチリア内陸部の絶景と素朴で可愛い「ニューシネマパラダイス」のロケ地村を訪ね、旅は後半戦。コルレオーネ村に向かいますよ!

ドン・コルレオーネの故郷、実在するコルレオーネ村へ

映画「ゴッドファーザー」デマーロン・ブランドとロバート・デ・ニーロが演じた”ドン・コルレオーネ”。シチリア島のコルレオーネが出身地の架空の人物ですが、コルレオーネ村は実在します。

実際のコルレオーネ村も、かつてシチリアマフィア”コーザ・ノーストラ”の中でも史上最も凶悪なファミリー・コルレオネージの本拠地だった村。

現在は穏やかな時間が流れる村の中心地のバールにまずはお邪魔します。

入店すると、一応ゴッドファーザー愛のテーマなどを流してくれる素朴なバール。2年ほど前に写真撮影用のコスプレグッズが登場しましたがw、グッズもだいぶ年季が入ってきてますね。

訪問客が多いのは良い事ですね!

昨今、コルレオーネ村には、映画ファンのみならず、イタリアの幼稚園の遠足や学校の修学旅行をはじめ本物のマフィアを知りたい世界からの訪問者が訪れています。それは、本物のマフィアに関する資料館があるから。

地元の人とおしゃべりしたら、マフィア資料館に向かいます!

マフィア資料館の前に立ち寄った市民博物館でレアな逸品発見!

マフィア資料館の予約時間調整に、ふらりと市民博物館を覗いてみました。

地方の県立高校の資料室みたいな雰囲気で、素朴さに癒されましたがよく見ると、…え?シチリア王国時代のコイン?!

世界遺産のアラブ・ノルマン様式の時代、12世紀のコインだそうですがサクッと置いてあり見逃しそうになりました…。シラクーサやアグリジェントで出土した紀元前のコインもあり、なかなか収蔵品が豪華です。

さて、お茶を濁しましたがいよいよマフィア資料館へ。

ゴッドファーザーのチェインストーリー?本物のマフィアの話

マフィア資料館では、現地出身のガイドさんの同行がマスト。丁寧な解説と共に、館内をご案内いただきます。

19世紀後半からマフィアと戦った人々の説明から始まり、史上最悪な反社会集団コルレオネージの暗躍の時代の話へ…。

マフィアの誕生自体は18世紀ですが、コルレオネージが暗躍したのは、映画「ゴッドファーザー」が公開された時期と同じく、70〜90年代がメインです。

「ボス中のボス」と異名をとったトト・リーナや後を継いだプロヴェンツァーノの隠れ家時代の話など、まるでゴッドファーザーのチェイン・ストーリーのようですが、こちらは現実。膨大な裁判資料にも圧倒されます。

映画の知名度と相まって世界的にマフィアの村として知られる事になってしまったコルレオーネ村ですが、本物のマフィアを知ってもらい考えてもらいたい。今は、むしろ反マフィアを訴える村なのです。

濃厚な訪問を終え、トト・リーナの元隠れ家に立ち寄ってから、一路パレルモへ

ガイドブックに載らないシチリアの近代史。現地でなければ知ることができないことがあります。それにしても、若い地元ガイドさんの熱い話には毎回感動しますよ〜(涙)!

日本とシチリアをダイレクトに繋ぐオンラインツアーでもご紹介しています♪

関連記事:シチリアとマフィアを知ろう

-シチリアツアー体験記
-, , ,

テキストのコピーはできません。