ピエモンテ・食い倒れツアー2017

食い倒れツアー視察!その1:バローロで己の年齢をしばし考える…の巻

と、いうわけで、2017年秋の食い倒れツアー企画
5月に訪れたツアー視察の様子をレポートします♪

よく晴れた5月のある日。
ツアーで宿泊予定のホテルの見学からスタートしました。
うーん、絶景…。
バローロ村に建つワイナリー併設のホテルの窓からは、
ブドウ畑が一望です。パカーンと窓を開けて、空とブドウ畑。
そんな朝を迎えたら、どんなに不機嫌でも機嫌が治りそうです。

今は、からりと青々した風景だけど、
秋は色づくに違いない。
もしかしたら名物の霧に覆われているかもしれない。
霧に煙る中世の町…それもひたすらロマンチックです。

そう、バローロをつくるブドウ”ネッビオーロ”の語源は、ネッビア(霧)。
霧がかかったら収穫が始まるそうですよ。

妄想を広げながら、次は名門ワイナリーへ。

ブドウの香り漂うセラーを見学し、バローロへの知識を深める中で(?)、

何が一番驚いたといえば、樽の洗い方。。。
まあ、聞いたことはありましたが、しみじみとその「入り口」を見ると、
ちょっと…背筋が寒くなったり…しなくもない。
メンテナンス時期にぜひまた見学してみたいもんです。

勉強というよりただのおしゃべりになりつつ、コレクションルームも見学。

大切に保管されたワインの中に、同じ歳のボトルも発見…。

イタリアも若さ万歳!みたいな文化もなくはないですが、
”ワインと女性は歳をとった方がよい”みたいな諺的な言葉もあるだけに、
コレクションルームにある同い歳のボトルを見ると、
なるほど!と陽気に納得してみたりもしますが、
「そうか…もはやコレクションルームで大切にされる年齢なのかぁ…」と、
しみじみしてしまうのは否めませんw。訪れた際には、ぜひご自身の年齢ボトルを見つけてみてはいかがでしょう?

ふふふ一番古いのは、1856年だから!大丈夫、貴方の年齢ボトルもきっとあります。

そして、(ワイナリーと自分の)歴史に思いを馳せつつ、
お待ちかねのランチへ!

前菜からお肉です❤️プリプリ新鮮のナマ肉からスタートです。
やはり、ピエモンテは牛肉がウマいですな!

ピエモンテは、アルプスの麓に広がる州。
ひんやりとした気候でスクスクと育った牛たちは、ほんのり甘く…
なめらかな食感で、ワインがグビグビ進みます><!

ヒラヒラ薄切りの上品系ビテッロ・トンナートとバローロを合わせて至福の時間。。。

昼の光の中で味わうワインはより一層美味しい…のは気のせいではないはず。
ツアーでもランチタイムに訪れる予定ですよ。

こちらが料理を担当してくれるヴァルテル・シェフ(withツアーボス・エミコさん)。エミコさんも専業シェフ。キッチンも見学したい!とのことで、
肉→パスタ→ドルチェを食べて満腹の食後に、キッチンも見学させていただきました。

キッチンで発見した仕込み中の…メレンゲ❤️!!!を爆ツマミ食いw。「どーぞどーぞ」とヴァルテルさん。とても良い方です♪

さて、次はお腹いっぱいほろ酔い気分で、バルバレスコ村へ〜!

バルーロ・バルバレスコは「ランゲ」という地域にあります。
ランゲは、”ランゲ・ロエロ・モンフェッラートのブドウ畑の風景”として、
世界遺産にも登録されている絶景満載のエリア。
まるで絵画のような風景が広がっています。

食い倒れツアー視察・その2〜バルバレスコと超穴場の激ウマトラットリア。へ続く。

URL
TBURL
Return Top