「オンラインで繋がるイタリア」料理レッスン開催レポVol.2 賑わいのラビオローニと自家栽培カルチョーフィ

06/03/2020

突撃!チンチアさんのお昼ゴハン&料理レッスン Vol.2

第1回目に続きまして、無事(?)第2回目のチンチアさんのレッスンを開催・終了致しました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

今回は…友人たちを招いたランチパーティ…ということで^^;、いつもよりさらに賑やかさ倍増。制御不能な状態になりましたが、「面白かった」「イタリア人の生態観察になった」などご感想をいただきホッとしています。



手打ちのラヴィオローニとカルチョーフィとイカの炒め

さて、今回は手打ちのラヴィオローニ自家栽培のカルチョーフィを使ったトータニ(イカ)の炒め物。オマケで伝統クロスタータを作りました。

友人たちも乱入…w

イタリア人は2人でも日本人10人分くらいの賑やかさがありますが、今回は4人…。日本人20人分くらいの大騒ぎになりました。

でも、これが本場のイタリアンライフですw!

いかにイタリアでは自己主張が大事か、ヴァーチャル体験していただきました(モノは言いよう)。「イタリア旅行の予習になった」というコメントには、なるほどでした。

ほうれん草と豚&子牛肉のラヴィオローニにトマトとバジリコを添えて

蒸したイカと自家栽培カルチョーフィのスパデッラータ

ラヴィオローニの具は鶏と子牛の予定でしたが、「朝、お肉屋さんに行ったら新鮮な豚肉があったのよ!」と鶏→豚に変更。臨機応変もイタリアらしさです。

今回は花の代わりにバジリコを飾って。テーブルに初夏の香り

手作りチェリージャムのクロスタータにはモスカート

お友達が焼いてきたビール酵母の雑穀パンにラヴィオローニで残った具を乗せてクロスティーニにして、アペリティーボからスタートです。

イタリア勢の賑やかさに気圧されつつ、日本チームもかんぱーい。

iPadだと1ページに9名分しか同時表示されないため、2ページ目の皆さん、撮れてなくてすみません^^;。

次回はもう少し落ち着いた雰囲気で…「イタリア流のおもてなし!初夏のアペリティーボメニュー」をご紹介予定です。

その他の開催レポートはこちらから

オンラインで繋がるイタリアサロン開催レポート

-イタリアと繋がる料理レッスン
-, ,