シチリア・オリーブツアー2016

DAY5~カターニャ空港にてお別れ&ご挨拶

INDEX:シチリアオリーブツアー2016 ツアレポまとめ

いよいよ最終日!カターニャ空港で涙のお別れ

タオルミーナで最後のお土産調達&地中海らしいひと時を楽しんだ翌日は、さて、いよいよ出発日。

朝9時の集合まで、海を見ながら優雅に朝食をとったり、朝の散歩をしたり。それなりにゆっくり過ごして出発です。

素敵な朝食ルームな割にはポーターさんの数が少ないホテルでしたが、ツアーメンバー男子の力でスーツケースも無事バスに収め(チップをもらってた・笑)、タオルミーナに別れを告げたバスは、約1時間かけてカターニャ空港へ到着。

アリタリア航空の預け荷物23キロ×2はスバラシイ。相当なお土産爆買いだったはずだけど、チェックインも無事済ませ、ちょっとギャルっぽくお互い写真を撮り合ったりしてしばし別れを惜しみました。

すでにラグーザに向かったカップルや、この後フィレンツェへ向かう方、成田アウトの方もいれば、乗り継ぎで神戸や島根、そして大分など。行先はみんなバラバラです。

日本全国から集まって(正確にはなぜか東京以西)ですが、ご縁があって一緒に旅した仲間たち。

トータル5泊7日と短い間ではありましたが、それはそれは濃密な時間を一緒に過ごさせていただきました。シチリア的な時間の流れから換算すれば、それは、きっと1か月分くらいあるでしょう。

最初はちょっと緊張気味だったけど(→初めての集合写真)、一緒にテーブルを囲むうち、ニックネームがついたり、それぞれのキャラが浮き彫りになっていきました。皆さん、濃い(笑)!

いや、人は誰でもどんな人でも、それぞれが濃いキャラクターを持っているに違いなく、自由で気ままなシチリア人たちとガッツリ交流し、海や山や空にある自然の優しい風景に抱かれて、生産者さんたちの熱い想いにも触れ、美味しい食事とワインを笑いながら食べていたら、きっとその人の”素”が現れてくるのかもしれません。

オリーブオイルソムリエの菅恵美子さんが発起人となり、長いコーディネーター業と取材で培った情報やコネ(←これ大事)を駆使して(遣い回してとも言う)作った、ちょっと普通のツアーじゃ経験できないオリーブツアー。2016年で第3回目無事終了!

安心安全管理も含め、実現化してくださった旅行会社トゥッタ・イタリアのスタッフの皆さまと、惜しみなく協力してくれたシチリアの友人たちに感謝をしつつ、何より、勇気を持ってお財布の口をエイッと開けて参加して下さったツアーメンバーの皆さまに、心より厚くお礼を申し上げます!

ありがとうございました!

長いツアレポで使った写真、トータル枚数108枚。おやおや?これは煩悩の数・・・偶然ではないような気がします(笑)。

と言いながら、ツアー最後に、恒例の最終日の夜に酔っ払って書くことになっている”強制宿題!ツアーの感想お手紙”の写真を載せて、長い長いツアレポを終わります。(夜な夜なワインを飲みながら、眺めて涙をこぼしています。データ化してエミコさんと共有します!)

そして、長いツアレポを読んでくださった皆さまにも、シチリアよりミッレ・バーチ(1000のキス)を送ります♡グラッツェ!

来年もきっと第4回エミコとサワボンの食い倒れツアー(←名前が変わっていますが気にしないで)やります、きっと!多分!Vi aspettiamo in Italia!

URL
TBURL
Return Top