シチリア・オリーブツアー2016

DAY3AM~マヨリカ陶器&黒豚祭り

INDEX:シチリアオリーブツアー2016 ツアレポまとめ

食べるばっかりじゃない?!マヨリカ陶器作りを見学

シチリアン・ファミリーと濃厚な交流のあと、チェファルーへ向かったご一行さまのバス。大雨が降り注ぎましたが、翌朝には晴天!祝福されてる!(←概ねポジティブ思考の一団です)

出発時間までチェファルー観光を楽しみ、再びバスで、シチリア名物のマヨリカ焼き陶器の町へ向かいます。

陶器の町は、カルタジローネが有名ですが、実はほかにも!海沿いの小さな町サント・ステファノ・ディ・カマストラも名産地のひとつ。赤色が特徴的な陶器が見つかります。

工房を見学したら、心はそう、

お買いもの♪

荷物制限も気にしつつ気にし過ぎることもない大らかな皆さん。

大量に陶器を購入し、満足したところで、ベンチや灰皿にもマヨリカ焼きタイルがあしらわれた可愛らしい町を散策し、再び地中海を一望~♪

シチリア北側の地中海・ティレニア海。水平線の向こうには、世界遺産のエオリア諸島の島群も見えました。やっぱり祝福されている・笑!

集合写真を撮りつつ、再びバスの人へ。向かうは、もうひとつのメインイベント、黒豚ランチです。

絶品過ぎる!「幻の黒豚」尽くしのランチ

シチリアの知られざるブランド豚「ネブロディ山脈の黒豚」。イベリコ豚の祖先とも言われる黒豚ちゃんを楽しみに、エトナ山麓を走り到着した店で、皆さま大興奮!ですが、お肉類は持って帰れませんから、しっかり食べていただきます!

でも、チーズは大丈夫。ぶらぶら下がるカッショカバッロチーズたちが買って~買って~とささやきます。

オーナーのボッレッロさんが、ほほえみながら肉を叩く。それは・・・、

私たちの肉!!!!キャー!

黒豚ちゃんのロースのタタキ。生!興奮のあまり、ピントが合いません。

「トロみたい…」そんな声があちこちから聞こえてきました。酸味のあるトマトソースとの相性も抜群で、衝撃的に美味しかった…。

興奮冷めやらぬまま、次々登場するアンティパストの数々。黒豚の生ハムやラード、サラミ、エトナ山のキノコ、さまざまなチーズ。

デリケートながら味わいはしっかりとした黒豚ちゃん。繊細そうなイケメンなのに実力派なディーン・フジオカのようです。

黒豚サルシッチャとスクランブルエッグ。見た目はイマイチですが、こ・・・これが・・・また激ウマ!朝食に出たら、夜まで食べ続けてしまいそうな美味しさでした。

キノコのフリットもサクサクフワフワ。

永久に終わらない蟻地獄のようなアンティパスト攻撃にもかかわらず、見事にお皿は空っぽ。どうでしょう、たった2日のシチリア経験が、皆さんの胃袋を強靭なものに変えたのかも知れません!これぞ、シチリアマジック!(旅行中に多少増量したって、すぐに戻ります。きっと。)

プリモピアットは、カワイイ盛りで2種。キノコのラビオリと黒豚のラグー。

そ・し・て、セコンドピアット!

子羊や黒豚ちゃんの炭火焼きなどなどです。「マジか―!」の声があがりつつも、やはりこれもほぼ完食。一緒に席に着いた運転手さん(パレルモ人)が一番驚いていたかも。。。「日本人スゴイな・・・」

ノッチョーラ(ヘーゼルナッツ)の自家製リキュールなどをいただき、併設ショップでお土産を発プリ購入し、スキップでバスへ向かうと・・・・、

運転手さんが「消化にいいよ」とマルサラ酒を振る舞ってくれました・大笑。用意万全ですな!仲良きことは、美しきかな。仲間も増えて(?)旅はますます楽しくなりそうです。

3日目後半へ続く!

URL
TBURL
Return Top