シチリア・オリーブツアー2016

DAY1AM~パレルモをガッツリ食べ尽くせ!

シチリアオリーブツアー2016、無事終了致しました!

ツアー報告を兼ねて、食べまくったシチリアの美味しいものをザクザクアップして行きます。バーチャルシチリアツアーをどうぞ!!!合言葉は、「集まれば、どこでも居酒屋」です♪

INDEX:シチリアオリーブツアー2016 まとめ

前夜にパレルモご到着したご一行様、まずはパレルモ市内観光へ。プロの美人ガイド・ジューシーさんと共に、マッシモ劇場やクアットロカンティ、マルトラーナ教会など主要な観光スポットを周りながら、巨大市場バッラロ―へ向かいました。
秋の野菜がモリモリの市場。名物のフィーキ・ディ・インディアも並んでましたよ!サボテンの周りにできる不思議な実。トゲトゲがあって扱いづらいので、市場では「むき身」で売ってるんですよー。種ばかりで食べるのがなかなか難しいんですよ・・・あ、ちょっと!説明してるそばから、試食する面々www。まあ、まずは体験ですね。柿みたい?種がサプリみたい?色んな感想をやいのやいのしながら、市場ツアーは続きます。

食材屋台の前で、完全に動きがストップするご一行さま。缶詰10個、チーズ丸ごと、オレガノ枝のまま、ポモドーリ・セッキ500g、アンチョビ缶入りドーン!…などなど、皆さま爆買いが止まりませんでした。。。

↓盛り上がりっぷりにウケるジューシーさん。「どんだけ食べるの好きな人たちやねん」この後行った世界遺産・王宮観光の入り口にある手荷物検査では、「この人たち、なんでこんなに食材ばっかりカバンに入ってるのwww???」と検査員たちにも大ウケです。X線画像から、「これは、チーズ?」「これは…なんだ?」とクイズも始まり。。。妙なところでのんきなパレルモも体験していただきました。

・・・そして、市場ツアーは続く。。。

市場の真ん中あたり。いたいた、超絶おススメのストリートフード「フリットラ」屋の三代目!!!「イタリア好き パレルモ号」でもご紹介したイケメン風のアントニオ君です。

「食べてみたい人ー!」
全員挙手(笑)。

名物のフリットラも体験です!好奇心旺盛、食欲旺盛。楽しい旅になりそうな予感がします。

モグモグしながら、パレルモの街をトコトコ。ディープな裏道でリアルなパレルモライフを眺めつつ、世界遺産王宮のパラティーナ礼拝堂やカテドラルへも足を延ばしました。プロのガイドさんの解説を聞きながら、ダイジェストながらパレルモの見どころをしっかり抑え、3千年の歴史を肌で感じつつ、さあ、ランチです!

市場のトラットリアでパレルモ伝統家庭料理!

ランチは、ヴッチリア市場内にある家族経営のトラットリア。市場直送魚介メインのパレルモ伝統家庭料理をいただきます。イワシのマリナータ…パンチの効いた酢加減で、目を覚ましてから、シチリア流に具材を絡ませたオリーブの塩水漬けや、 フリッタータや旬のブロッコリーなどの野菜も挟みつつ…リコッタ・サラータの唐辛子和え。全体的にお酒のつまみ感高い! 日本人の食欲的にセコンド・ピアットまで行きつくことはないので、その分、ワインの飲み放題にしてもらってよかった…。快調にワインを(バカスカ)飲みつつ、すっかり皆さん仲良しです。

イタリア語の最上級表現「~イッシモ」の使い方などを話題にしていたら、「イタリア語のレッスンは俺に任せろ!」と乱入してきた常連さん。プリモ・ピアットのはずなのに、なんだか〆の炭水化物風になったパスタ3種。食後にサービスしていただいた自家製リモンチェッロ・クリーム 家族に伝わる秘伝のレシピを聞き出すエミコさん。オステリア・ブーチョで飲める日が来るかもしれません。
常連のおっちゃんが、「俺に撮らせろ」って言うからカメラを渡したら、全員入りきってない集合写真を撮ってくれました(笑い)。

大ざっぱで親切なパレルモの下町らしさも堪能?!(下町はいつもこんな感じ・・・)

ここまでで、まだ半日が終わったところ。。。濃厚です。。。午後編に続きます!

URL
TBURL
Return Top