ミシュラン星付きシェフのシチリア料理レシピ

Vol.5 フリテッラ・パレルミターナ
Fritella Palermitana

初物そら豆&グリーンピース♪
春満載のフリテッラ・パレルミターナ

フリテッラ・パレルミターナ?
どんなお料理かと言えば…シチリアの旬の春食材を詰め込んだ、春の定番料理です。初物のそら豆、グリンピース、そして最旬期を迎えるカルチョ―フィを使いますよ。そら豆は、イタリア語ではFave ファーベ。ローマ辺りでは5月1日に”ファーベ・エ・ペコリーノ”と言って、ソラマメとペコリーノチーズを食べる習慣がありますが、やはり、シチリアは季節が早いですな。

さて、そんな旬食材に新玉ネギをプラスして作るフリテッラ・パレルミターナ。今回も、Bye bye bluesのキッチンから直接wお届けします。

※写真はすべてYUKIさん撮影。本場のキッチンの様子もお楽しみください♪

フリテッラ・パレルミターナ
Fritella Palermitana by Bye bye blues



【材料】

そら豆  200g
グリンピース 500g
アーティチョーク 200g
新玉ねぎ 200g
ニンニク  適宜
エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル 適宜
塩/コショウ 少々

【作り方】 

① そら豆とグリンピースはさやから出す。

②. 生地の材料を全てボールに入れ、全体がねっとりするまでこね、冷蔵庫に入れておく(1時間以上)。

② そら豆は、塩茹でして皮を取っておく。

③ アーティチョークは、足と外側の固い部分を取り、半分に切って中の花芯を取りだし、さらに縦に切って水にさらしておく。
POINT: 「カルチョ―フィは、超新鮮だったので水だけであく抜きしましたよ。超がつくほど新鮮でなければ、レモン水を使ってね♪」

④ 新玉ねぎを粗みじん切りにする。

⑤ 皮をむいたニンニクをエクストラ・ヴァージンオイルを熱して、香りが出たら玉ねぎを炒める。

⑥ 玉ねぎが透明になったらアーティチョーク、グリンピースを加える。

⑦ さらに、そら豆を加え軽く炒めたら、 塩コショウで味を調え、氷を加えて色止めし、10分ほど蒸し焼きにする。

お皿に盛って、出来上がりです♪

こちらは、お店バージョン。白くてフワフワしているのは、イカのニョッキです!

本日のジョルディ君

春は、ワンコも新調の季節w。お気に入りの新しいリードです♪
「Come mi sta? 似合う?」

URL
TBURL
Return Top