カーニバルのイタリア伝統菓子”キアッキエレ”

02/08/2017

イタリアの2月と言えば、カーニバル!

カーニバルはキリストのお祭り”謝肉祭”のこと。イタリア語ではCarnevale カルネヴァ―レと呼ばれます。

移動祝祭日で、イースターの6週間前。2021年は2月14日となり、奇しくもバレンタイン(サン・バレンティーノの祝日)と同日です。

イタリアではベネチアやヴィアレッジョのカーニバルが有名ですが、前後1週間ほどイタリア全土でお祭り気分が広がり、仮装した子供達を見かけるようになります。



イタリアも季節行事に伝統菓子が欠かせない!

日本同様に、季節行事に伝統菓子が欠かせないのがイタリア。イースターの卵チョコが並び始める前、2月はカーニバルの伝統菓子がパスティッツエリア(お菓子屋さん)やパニフィーチョ(パン屋さん)が並びます。

このお菓子、イタリア各地で呼び名が変わるのも面白いところ。

  • ミラノや南イタリアではキアッキエレ
  • ベネチアではガラーニ
  • ボローニャではスフラッポレ
  • トリノではブジエ
  • フィレンツェではチェンチ…等



たったの4行程!!超簡単♪カーニバルのイタリア伝統菓子レシピ

イタリアで活躍するワイン・フードジャーナリスト&料理研究家のチンチアさんのレシピをご紹介します!

材料

薄力粉 400g
卵   2個
油(菜種油、サラダ油など) 50g
水   50CC
粉砂糖 30g
揚げ用油 200g

①薄力粉、卵、水、油を混ぜながらよーく捏ねて、1つにまとめる。
Mescolate: Farina, Uova, Acqua e olio. E lavorate gli ingredienti fino ad avere un composto liscio e mogeneo.

②麺棒かパスタマシーンで薄く延ばし、お好みの形に切り分ける。
Assottigliatelo con il mattarello o la macchina, riducete impasto in sfoglie molto sottili. Tagliate la sfoglia a pezzetti seguendo la vostra fantasia.

③約170℃に熱した油で、約2分揚げる。
Mettete i pezzetti nell'olio caldo a 170 gradi e friggetele per circa 2 minuti per parte.

④油を良く切り、粗熱が取れたら粉砂糖をふりかけて出来上がり!
Fate scolare le bugie su carta assorbente, poi quando fredde, cospargetele con lo zucchero a velo! 

材料もすぐに揃うものばかりだから、あとはやる気さえ揃えば(笑)!この時期、ぜひお試しください♪

こちらの記事も参考に!

-チンチアさんの”カラダに効く”レシピ
-, , , ,